予算管理ができます


明細ごとに予算管理を行い、実績がどれくらいとなっているかが一目でわかります。

また、費目を分類分けすることができるので、いくつかの費目をまとめて予算管理するといった使い方もできます。

もちろん、予算管理は必須ではありません。小遣い帳として使いたい場合には、まずは何のために使ったのか費目だけを登録してみましょう。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.development-network.net/mt/mt-tb.cgi/945

このブログ記事について

このページは、あんじーが2009年11月29日 00:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ご利用開始までの3ステップ」です。

次のブログ記事は「金額入力欄への全角入力を行えるようにしました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて